人もすなるブログといふものを我もしてみむとてするなり

0

時が速く過ぎるのは、健康な証拠である

実は先週、まる5日ほど寝込んでしまったのだ。ある朝、目が覚めたら熱が38.5度あって、お腹がピーだった。前日の体調はまったく普通だったのに…。この急激な症状は、どう考えても普通感冒ではあり得ない。たぶんインフルエンザだろうと思ったのだが、発症したのが週末だったので、近所の医者も休みだし、仕方なく解熱剤を飲んで月曜日を待つことにした。でも、薬で一時的に熱を下げても、またすぐ上がってしまう。夜には39度を越えてしまい、脳細胞が30万個ぐらい焼け死んだ気がする。
月曜日になって医者に行ったら、肺に二次感染があるということで、こちらとしては珍しく抗生物質を処方してもらったのだが、これが効き始めるまでに1日かかり、それから徐々に熱が下がって…という具合で、結局5日ほど寝込む羽目になってしまった。

IMG_3377.jpg

こんなに長く寝込んだのは十数年ぶりだが、それにしても寝ている以外にすることのない日々の、なんと長く感じられることか。ようやく起きられるようになった時には、なんか1か月ぐらい寝ていたような気がしたものである。

ついこの間、新年の挨拶を書いたと思ったら、もう一月が終わってしまった。今年も残すところ、あと11か月か。速いなあ…。
…と思うことができるのは、実は健康な証拠なのだなあ…ということを、思い知らされた一週間だった。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://angiebxl.blog.fc2.com/tb.php/357-3038d01c