人もすなるブログといふものを我もしてみむとてするなり

0

そして35ミリ

また広告出されちゃった。なんか9月を過ぎると、立て板に水の勢いで日々が過ぎていく気がする。そういえば、もう来週末にはクリスマス・マーケットが始まるんだなあ。こないだ年が明けたような気がするんだけど…

そういえば、知り合いのD氏にミラーレス一眼のX-pro1を譲ってもらったのが、ちょうど去年の今頃だった。あれ以来、このカメラではずいぶん遊んだなあ。最初は中古の18ミリレンズ一本だったのが、この夏に60ミリマクロレンズを買って撮影の幅がグッと広がったと喜んでいたら、先日久しぶりに会ったD氏から「35ミリのレンズ、いらない?」と言われ、なんと無償でいただいてしまった!!! いいの? ホントにもらっちゃっていいの???
なんせ、新品だったら500ユーロ前後、中古でも350~400ユーロぐらいするレンズである。いやー、もうD氏のいる方角には足を向けて寝られまへんわ。

てなわけで、X-pro1にデフォルトで装着可能な三種類のレンズが、一年のうちに手元に揃ってしまった。アマチュアの身で、なんつー贅沢! さっそく新しいレンズをつけたカメラを持って散歩に出かけてみた。


DSCF0150.jpg
   ↑
こちらの2枚は、同じ位置からレンズだけを変えて撮影したもの。上が35ミリレンズ、下が60ミリレンズ。レンズによる画角の違いを比べる意味で、トリミングは一切していない。撮影範囲が縦・横それぞれ2倍ぐらい、面積にして4倍ぐらい違うことが分かる。ついでに18ミリも持っていけばよかった。3種類全部の比較ができたのに。

DSCF0014.jpg
   ↑
にわか雨が止んで晴れ間が広がった時の、公園の階段。
濡れた石の表面に青空と白い雲が映っていて、通行人の足がまるで空を踏みしめているみたい。

35ミリって、やっぱり標準というかオーソドックスな画角のレンズなんだなと実感する。18ミリほど引いた感じにはならず、60ミリほど寄った感じにもならず、いちばん人の目で見た風景に近い絵が撮れる気がする。これら3本のレンズを使い分けることで、今後はますます撮影の幅が広がりそうだ。うう…嬉しい。
ありがとう、D氏!!!

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://angiebxl.blog.fc2.com/tb.php/353-44e217af