人もすなるブログといふものを我もしてみむとてするなり

0

Spring !

3月末に夏時間に切り替わってから、わりと暖かい日が続いたおかげで、いまやありとあらゆる植物が新芽を吹き、花を咲かせている。本当に突然! という感じで、街が緑に染まりはじめた。ああ春だなぁ~ と実感する今日このごろである。英語で「春」を spring と呼ぶ理由が、本当によく分かる。もういい加減ベルギーに住んで長いけど、この「春の突然感」は何年たっても感動的だ。
というわけで、久々に写真リッチな記事で植物たちが spring up している様子をお届けしたい。

まずは、夫が借りているアトリエの庭で咲きそろっているチューリップ↓

DSCF5895.jpg


↓同じ庭の山吹。
ちなみに山吹は学名を Kerria japonica といって、こちらでも日本の植物という認識があるようだ。

DSCF5711.jpg

↓こちらは公園の芝生に咲くタンポポ。
すでに綿毛をつけたものもあって、本当にいつの間に…? という感じだ。

DSCF5906.jpg

↓木々に芽吹いた新緑も目にまぶしい。

IMG_0825.jpg

↓梨の花。バラ科だけに、ちょっと桜の花にも似ている。ミツバチも忙しそう。
この梨の花とリンゴの花が、北ヨーロッパの典型的な春のイメージかも知れない。
「カチューシャ」のロシア語の歌詞でも
Расцветали яблони и груши (リンゴと梨の花が開いた)
と歌い出している。

IMG_0834.jpg

↓せっかくだからリンゴの花も。

IMG_0849.jpg

驚きなのは、5月の花とされているライラックが早くも咲き始めていること。

DSCF5949.jpg

こうなると気になりだすのはブルーベルの開花時期。もうライラックが咲き始めたからには、今年は例年より早いかも知れない。
今年もそろそろ「ハルの森」情報をこまめにチェックするシーズンがやって来たようだ。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://angiebxl.blog.fc2.com/tb.php/342-12bf31ce