人もすなるブログといふものを我もしてみむとてするなり

0

Flower Caret 2014

今日から3日間、グラン・プラスでフラワー・カーペットが公開されている。
実際には昨日の午後に花を並べる作業が行われていたので、昨晩からカーペットを見ることができたのだが、昨夜は雨模様でもあり、別の用事もあったので、今朝早くに起きだして写真を撮りに行ってきた。

Carpet2014-1.jpg

早朝ということで、周囲の建物が青っぽい。これはこれで、カーペットのベゴニアの色が引き立って悪くはない。

Carpet2014-3.jpg

私がグランプラスについたのは、だいたい午前6時半ごろ。あんまり暗いと写真もきれいに撮れないだろうと思って、ちょっと明るくなるのを待って家を出たのだが、カーペットは「王の家」からのライトで煌々と照らされていたので、案外もっと暗いうちに来ても良かったかな、という気がする。というのも、このぐらいの時間帯のグランプラスは清掃車が入って、前夜に散らかされたゴミを集めていったり、広場を取り囲むカフェやレストランなどへの納品のトラックが入ってきたりするので、ちょっぴり背景に興ざめするものが写り込んだりする。

Carpet2014-2.jpg

ちなみに今年のカーペットのテーマは「トルコ人のベルギー移民開始50周年」だそうで、トルコ絨毯のようなデザインになっているらしい。こちら↓が今年のデザイン画(プレス・ファイルより)

Carpet2014.jpg

しかし地上に立った人間の目線からは、こんなにハッキリとした模様を見ることはできない。昼間なら王の家のバルコニーに(確か有料で)上ることができるのだが、そういう時間帯は見物に訪れる観光客の数もメチャ多いので、私はとりあえず敬遠する
なお、うーんと高いところから全体を見下ろした写真(たぶん昨夕に撮影したと思われる)がオフィシャル・サイトに出ていたので、リンクしておく。
Flower Carpet 2014

今年は気温も低く、天候も雨がちの曇り空が続くようなので、ベゴニアの花びらもワリと最後までキレイに保たれるんじゃないかと思う。公開は8月17日まで。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://angiebxl.blog.fc2.com/tb.php/278-f66258d3